ISM,DEMATEL法の概要

ISM,DEMATEL分析は、あるシステムを構成する要素(サブシステム)間の因果関係を分析する手法です。
システムがサブシステムの複雑な因果関係によって成り立っている場合、人間が認識できる因果関係の範囲は限られます。
ISM,DEMATEL分析では、人間が認識できるサブシステム間の直接的因果関係を入力とし、そこから間接的な因果関係を考慮に入れた全体的な因果関係構造を出力します。
ISM法では、サブシステム間の関係の評価を、因果関係があるかないかの0,1(バイナリ値)によって行うのに対し、DEMATEL法では因果関係の相対的な重みを考慮に入れて評価します。

使い方

※編集中です。サンプルデータは下のものを利用してください。データの作成についてはこちら(別窓で開きます)

ISM法サンプルデータ

DEMATEL法サンプルデータ

ご意見、ご要望などは和歌山大学デザインエルゴノミクス研究室,松尾秀行までお願いします。[email protected]

ISM,DEMATEL分析について詳しくは…

参考文献1:コンセプトデザイニング,島田哲夫 原田利宣 著,科学技術出版
参考文献2:わかりやすい意思決定論入門,木下栄蔵 著,近代科学社

2011 Hideyuki Matsuo All Rights Reserved.