アルカリ染毛剤について2

2時限目 アルカリ染毛剤2

アルカリ剤と、過酸化水素が混ざることにより、安定ペーハーを保持することができなくなります。その結果、分解が始まり酵素が発生するという仕組みです。この酵素に、髪の毛のメラニン色素を脱色する作用があります。その結果、髪の毛の明度が上がるというわけです。

 

しかしカラーリングをしても、長い時間そのままというわけにはいきません。どうしても、色が褪せてきてしまうのです。元々の髪の毛の黒色が強かったり、または髪質が硬かったりすると、特に褪色が早くなります。褪色が早いなと感じる場合は、もう少し明度の高い染毛剤を使うのが良いでしょう。